ごはんとみそしる

みんなちがってみんなかわいい

MENU

Hey! Say! JUMP LIVE TOUR SENSE or LOVE@武蔵野の森総合スポーツプラザ感想レポ

行ってきましたよツアー!
よく当てたなって自分で思っちゃうくらい狭いとこでした。追加公演がドームってどんなバランスなの!

2回入ってます。セットリストは2回目の方を使って進めていきます。
メモとか取ってないので全面的にニュアンスで。

会場の話

デジチケは緊張しますね。
やましい事は何もないけど(笑)人と一緒だと何かあったらどうしようかなとは思っちゃいます。座席も完全に運だし。いやいつも運だけど心構えとか。

センステとメンステを繋ぐ花道のみ。あとはトロッコで回ります。
スタンド4階はトロッコあり。

花道を使う機会が少ないから、花道寄りよりもアリーナトロッコ横の方が一人一人をじっくり見てられるかも。

本編

書いてない曲がありますが、それはひたすら伊野尾さんを追ってた曲かトロッコを見まくっていた曲です。

★BANGER NIGHT〜Precious Girl
いつもメインステージ上からの登場でしたが、センステからの登場。ダンスが360度から見れるからよかったと思います。
BANGER NIGHTは本当にかっこいい。

★OLE!
From.のような多幸感。みんなが繋がって動いてるだけでとてもかわいい。

★Virtual Butterfly
ニューヨークでの短め映像からのパフォーマンス。演出自体はシンプルでダンス魅せ。

★Bubble Gum
花道の大きな風船がふわっと割れて有岡くんが登場。
レーザーを操ってるようなダンスがとてもかっこよかったです。途中から映像でメンバー顔の棒人間が降ってきてびっくりしました(笑)
ここで面白に?と最初は思いましたが、有岡くん自体はふざけないことでバランスが良かったんじゃないかと。

★条件反射
CDで聞いた時はあんまり乗り切れてなくて、ライブで化ければいいなと思ってたら見事に化けてくれました。
シンプルな衣装は予想してたとおりでした。でもまさか髙木くんと一緒にやるとは思わないじゃないですか。はぁ!?(良すぎる選択にキレる)

歌詞が歌詞なのでチェーンを髙木くんにかけていった方がよかったかな…とは思うのですが、あまりにも曲と合致したパフォーマンスだったのでもう充分です。
エロさはしっかり出したまま、嫌な感じにならないのはさすがでした。

★スンダDance
もう曲タイトルからおもしろ系としか思えません(笑)
条件反射の途中から背景に紛れ込むハートをかぶったありやぶひか。2人にも着替えを強要(髙木くんはなぜかノリノリ)。

ありやぶが持つ布の中で着替えるいのたか。当然途中で少し下ろされますよ!ありがとうございます!
中からふんどしが出てくるなどの小ネタもしっかり挟みます。

パフォーマンスは衣装が衣装なのでとてもシュールに見えます。モニターの5分割映像が嬉しい。

★159
CDの時点で一番好きだったソロ曲。映像演出も、やぶひかをバックダンサーに持ってくるのもがさすがです。
本当は光くんより背の高い人の方が際立ったと思うのですが、他の出演もあるし、やぶひかという組み合わせは捨てがたし。

★Jealous guy
伊野尾さんのソロが「Ⅲ」みたいなセットを動かしながらだったのが残念。

★One&One Makes Two
どの組み合わせもとてもかわいかった。ただ一緒に踊るタイプの曲ではなかったような…(笑)
ペンライトを消して前からつけていくのも、ドーム規模じゃないと自分以外を見る余裕があまりないまま全部ついちゃう。

★Swinging Days
途中でHey! Say! JUMPのロゴに乗る演出が好きです。yに挟まってる伊野尾さんかわいい。

★キミアトラクション
「君がNo.1」の入りがおかしいな?と思ったら圭人がいないからなんですよね。

★MC
山田くんがマエヲムケで上着持たなかったのが、パンツが破けてパンツが見えてるからだったっていう話が一番面白かったですね。それを次々と確認しにいくところも。
2回目入った時はちゃんと広げてて安心しました。

★題名のない物語
いのたか!!!
これじゃ伊野尾さん見ちゃうじゃありませんか!ピアノを聴き込んじゃうじゃありませんか!でもちゃんと髙木くんの声も聴きました!

★流星の詩
知念くんのダンス綺麗!そして薮くんは歌が上手い!改めて!

★女王蜂
伊野尾さんダンスで見たかったー!でもやってくれただけよかったです。好きな曲のひとつだったので。
知念くんがいないのももったいなかった。

★チョコラタ
やってくれて本当にありがとう。カップリングだから無理かと。山田くんの「僕を食べて」が最高です。

★我 I Need You
バクステがないのでトロッコが後ろで一列になるところまでは予想出来ましたが、それが丸ごと左右に動いた時は驚きました。大きな動きは出来ないけど客席削らなくて済むし、下手にバクステ作っちゃうよりいいかも。

★Do it again
山田涼介による山田涼介を美しく見せる空間。
シンプルな衣装。白い羽を舞わせる山田くん。美しい。本当に美しい。私は絵画を見ているのだろうか?

★PINK
映像と歌詞を組み合わせたり、映像の自分と別衣装で踊る光くん。
ついつい本人ばかり見てモニター演出を見ていないこともしばしばな私も、両方を見たくなるように仕掛けられてました。上手い。

★Waiting for the rain
タップダンス。タップをもっと楽しめるようになりたい(こっちの問題)

★ありがとう世界のどこにいても
ダンスしてるの初めて見ました!ここでまさかもってこられるとは。というかアンコールでここまで踊るとは。

感想

今回はアルバム曲をかなりやってくれました!いやーよかった。ソロ曲もあるからここまでやってくれるとは思ってませんでした。セトリ変更でWe Believeは落ちちゃったけど、ドームで復活してほしい。

いつもよりさらにダンスの量が増え、体力的にもかなり厳しいものだと思います。2公演の日もあるし。ダンスを魅せる攻めたセットリスト、アルバム曲をきちんと増やしながらファンサも忘れない。最後まで隙のないコンサートでした。楽しかったです。
伊野尾さんは結構体力的に大変そうでした。知念くん山田くんとかはどうなんでしょう?体力つけるのもだけどちゃんと休んでほしいです。

ソロ曲があることで自担以外をたくさん見る機会があったのも発見があって面白かったです。知念くんのダンスの美しさは見とれますね。
他のメンバーを入れる人も、ちゃんとソロ曲の持ち主を一番に考えられた演出で良かったです。

圭人がいない、という違和感はありました。やっぱり。
キミアトもそうだし、White Loveのフォーメンション変化(特に最後のサビ前)、センターを設けないシンメトリー体形、2人ペアでの行動。
ただそれが穴になるわけじゃなくて。ならないようにしてくれてて。
寂しさというよりは、8人なんだって、再確認したような。そんな。

次は4大ドーム。徐々に増やされるドーム。
最後のラブソングも見たいしあわよくばCity Wanderも入れてほしい。