ごはんとみそしる

みんなちがってみんなかわいい

MENU

Hey! Say! JUMP雑誌感想2018

雑誌は買ったら基本すぐ読むんですが、感想をしっかり書き留めておきたい。

どの話がどの雑誌だったか忘れるし。

ということで読んだものは順次追加していきます。

※5/7 BEST STAGE vol.32、Mgirl No22追加

WiNK UP 2018年3月号

ピンナップはBESTと7に分かれての集合&小さく2ショット9パターン。
パジャマとはいえ伊野尾さんはそのまま寝てしまいそうなお顔(笑)

グラビアはベッドの上で顔アップが一番大きい写真(1/2P)。
パジャマはかわいい系じゃなくてタンクトップやTシャツ。セクシーというよりは綺麗って感じ。
伊野尾さんの顔は下半分が手でほとんど隠れてるけどこの写真を気に入って買いました。

トークはBESTと7で年末年始報告対談。
紅白→カウコンの移動は割とバタバタもなく。ふぉ〜ゆ〜のすべらない話を楽しみにしていたBEST(笑)伊野尾さんも次回は参加してみてほしい…。

知念くんが年男を前回しっかりやらなかったことを持ち出していて、本人たちも気にしてるんだなと。
年始はわりとみんなゆったり過ごしていたものの山田くんはやはり忙しくて、ねぎらってあげようとしつつドラマ現場にお邪魔しようと画策する3人がかわいい。
両方から出ていた健一さんと圭人が一緒にギターを弾いていたのも文章を見ているだけでほっこりしちゃう。

知念くんと松村北斗くんの対談2P。北斗くんも静岡出身だと知る。
知念くんもしっかりしたお兄さんになって…って感じ(笑)ちゃんと見てあげてる。

JUMPコンレポート2P。
私のツボを押さえたツーショットが多い。いのたかがお姫さまだっこしてたときはびっくりしたなぁ…。

anan No.2090

髙木くんグラビア6Pインタビュー1P。
自担の載っていない雑誌を掲載者目的で買うのは初めて。

白ワイシャツと黒Tシャツのシンプルな2パターン。
痩せたというだけあって背中もお腹も綺麗です。とはいえ露出は少なめ。

「一気に落としたい!」と言ってますが私の願望としては程よく運動して程よく食べてほしい…太りやすいというのがどこまでかわからないものの、食事制限のダイエットはその後があるじゃないですか。
トレーニングもしてるみたいなのでバズリズムで見せたような食生活ばかりじゃないと思いたい。

そしてもし腹筋が割れて自信がついたら自主的に出してほしい…どんな機会だ(笑)

普段の髪型はきっと大地くんに近いものなんですよね〜大地くんのときの髙木くんはかわいいに寄りまくっててこれはこれで好きです。てことはプライベートでも素敵ってことだな!

最後の「自分の行動でファンの方が〜」ってのは、まー言っちゃうのが髙木くんらしいといえばらしい。
私も雑誌での高木君の発言に関しては「ん〜???」って思うところはたまーーーにあるものの、私が思ってるところと髙木くんが気をつけなきゃ!と思ってるところには違いがありそう(笑)その発言に嫌になっちゃうことはないんだけどね。

「アイドルらしいことを言う」ってことと「アイドルとして守るべきことを守りながら発言する」っていうのは全然違うし。
この発言が何を指してるかよくわからないから、こっちはまた混乱するわけで(笑)出来る限り自然体のままいてほしいよ。

ポポロ 2018年5月号

ピンナップは各々がメガホンを使ってバストアップの応援スタイル。
集合ピンナップは合成より全員集まって撮ってる方が好きだな〜残念。

グラビア8P。テーマは「おうちデート」。やぶひかたか以外は1人1ページの大きな写真が嬉しい。写真に文章をほとんどかぶせてないのも◎。
伊野尾さんめっちゃお顔綺麗ね…これが決め手でした。
知念くんがゲームのコントローラーを握っているのもよいです。やってそう。

インタビュー2P。おうちデートに関する質問5つ。みんな部屋着は適当…。
あとDVD見たがり。映画の好みって結構難しいと思うけど、柔軟なんだろうか。
一番意外だったのは知念くんのがつがつした(笑)解答。知念くんもこんなこと言うんだなーって。

JUMP produse JUMP。裕翔くんを圭人がプロデュース。
圭人が裕翔くんについてしっかり語っているのが興味深かったです。見てるし知ってる。
伊野尾さんがプロデュースする回を見逃さないようにしないと!

撮り合いっこリク写祭り。
伊野尾さんサングラスが似合う(笑)
圭人の笑顔がかわいいです。

BEST STAGE vol.32

色んな雑誌の表紙を飾ってて迷っちゃいました!写真も好みで文章も面白そうだったのでBEST STAGE購入。
舞台のチケットも無事に取れたので予習も含め(?)一冊は読んでおきたかったのです。

ピンナップはちょっとクリーム色っぽく加工されています。表紙の真っ白の方が好き。

グラビアのみのページは8P。半分は2人、もう半分はソロ2Pずつ。他の掲載者にもされている「文具へのこだわり」のミニインタビューがあります。
衣装は表紙と同じ。薔薇の花びらの上に寝たり座ったりするカットのコントラストが綺麗。

インタビュー(掲載は対談形式)とグラビア両方が載ったページは2P。インタビュー自体は実質2P分くらいかな?文字が小さめで詰まっているので文章量としては十分。
舞台が決まってから稽古中のこと、ロンドンへ行ったことまで語られています。
稽古場で悩んだりしながらも真剣に向き合って、楽しそうなことが伝わってきて、舞台がますます楽しみになりました。

同じ雑誌でインタビューを受けているからか、G2さんからもコメントが寄せられています。かわいがられている。

Mgirl No22

グラビア12P。

最初のページを見て「やってしまったー!!」と思ってしまいました。こういうテイストなら買わなかったよー!

前回のナチュラル、モノトーン+赤というシンプルさがとてもよかったのであえてどんなものかも知らずに買ったのですが、これは好みの分かれる写真だと思います。

まずバリバリにメイクされてます。目元に金とか赤とか。
衣装も色!柄!という感じで、和風テイストだけどバキッとした感じです。

衣装が主張してくるのは構わないので、表紙巻頭の西野七瀬さんが羨ましい…。

帯に「こんなセクシーな伊野尾慧はMgirlでしか見られない!!」とありましたが、セクシーさで言えば個人的には前回の方が圧倒的に上です。